レスポンシブなサイトが作成できるようになる本

メッセージ:レスポンシブデザインはそれほど難しいものではありません。

書籍をまず1冊やれば自力でサイトを構築できるようになります。3冊もこなしたらアレンジする力もついてきます。アマゾンのレビューを参考にしながら見本のサンプルファイルをダウンロードしてご自身が作りたいイメージに合った書籍を数回繰り返せば理解できるようになります。 以下のまなぶさん動画でもスキルを身に付けるには【まずは独学から】という意見をおっしゃっています。

2019年発売

2018年発売

2017年発売

2016年発売

2015年発売

2014年発売

2013年発売

ホームページを作成・編集するには、ホームページビルダー。1ヵ月無料で使い勝手を体験できる。

ホームページビルダーの利点・メリットを挙げてみましょう。
① ホームページビルダーは1か月無料で体験使用できます。
②日本一売れている、信用があるホームページ作成・編集ソフト。
③操作方法が直感的にわかりやすく、すぐに使い方を覚えられる。
④不明な点があったら、ネットで探しだしやすい。
⑤タグ(ソース)が自動的に挿入される。
⑥タグを確認しているうちに、自動的に使いこなせるようになる。
⑦一般のフリーテンプレート(無料)をダウンロードして、カスタマイズできる。
⑧ネット上のホームページをホームページビルダーに取り込み、参考にできる。

ちなみにこのサイトは『HTML5&CSS3デザインブック』で作成したものを、もちろん
ホームページビルダーでカスタマイズしました。

ホームページビルダーの関連書籍。

私が使った本:ホームページ・ビルダー19スパテク136
最初の章でスタイルシート(css)とhtmlの関係を学習する
のですが、テキストどおりにやってみると、
重要なhtmlタグ(brや・pや・div等その他たくさん)の意味が
理解できるようになります。
確かにネットでホームページ作成方法を検索しながら作れば、
書籍の購入費は無料で済ませられるかと思いますが、
この本だけは購入して良かったと思います。
私も、最初のころはページを複数作ったら、ページ同士をリンクさせてつなげるということも
分からなかったんです・・。

ページの増やし方。

ページ(ファイル)を増やしていくには、ファイルをコピペする方法もありますが、
『名前を付けて保存』して増やしていけば便利です。
『名前を付けて保存』は、初めてのファイル作成・編集時には、新規に名前を付け、
すでに名前があるファイルに対して行えば、通常通りそのまま保存されつつ、
開いている画面が新しいファイル、ファイル名になって編集が継続できるというものです。
要するに、ホームページビルダーもwordやexel、メモ帳等と使い勝手は似ています。

ホームページの方が、ブログよりきれいにレイアウトできる。

ブログでは情報をきれいに整理して情報提供することが困難でした・・・。
ホームページなら、情報の多い少ないにかかわらず、きれいに整理して見せることができる方法であると個人的には感じます。
そして、ホームページ作成能力にもよりますが、自由なレイアウトができる方法、
ということも優れている点だと思います。
ホームページの作り方を覚え、学習することにより、同じ情報でも上手に見せ、伝える方法を身につけることができるようになるでしょう。
ということで、当サイトでホームページの作り方・作成方法を学習して頂ければと思います。

ホームページ作成は無料でも出来ますが最低限の投資をした方がはるかに効率的。

パソコンは既にお持ちとして、私が購入したのはホームページビルダーと上記のスパテクだけで、それ以外は何も購入していません。(後にHTMLとCSSの本を購入し、知識と技術が向上しました。)ホームページ作成に必要なツールの多くは
無料で提供されていますので、その無料ツールを使わない手はないでしょう。15,000円~30,000程度の出費(というより投資)になりますが、一旦ホームページの作り方を覚えてしまえば、一生使えるの能力として有効に生かされるでしょう。

苦戦①私がホームページの作り方を習得した過程。

さて、このテーマで言いたいことは、ホームページは独学でも作ろうと思えば作れるようになる。
と言うことです。結果論かもしれませんし、何事もそうですが・・。
そもそもは、ホームページで公開したテーマや内容は決まっていなかったものの
ホームページを作れるようになりたいと漠然と思っていました。
しばらくすると公開したいテーマが決まりました。
自分で考えた、ピアノで指をトレーニングする方法を紹介する ホームページです。
何をどうやったらいいのかわからなかったのですが、 無料でホームページが作れる
らしいことは知っていたのでそれを探しました。

苦戦②ヤフーのジオシティーズで初めてホームページ作成

最初に作ったのは、ヤフーのジオシティーズで作りました。
ヤフーのジオシティーズではテンプレートがあったので、 それに適当に文字を打ち込んで
作成した画像を貼りつけていきました。

『ピアノで指をトレーニングする方法』サイト内の表はエクセルで作っていたので、
それをキーボードのプリントスクリーンでコピーして ペイントで画像にして
ページに貼り付けました。 しかし、ホームページの幅を広げたり、全体のバランスを
良くしたいと思ってもうまくできませんでした。 後からわかったことですが、
cssが影響していたため、htmlを操作しても そのとおりにならなかったのです。

ヤフー知恵袋で質問したりして、解決したり、解決しなかったりでした。
解決したものの中で、クリックするとエクセルが立ち上がるのは感動しましたね。
そして、話しの続きですが、ジオシティーズは広告も大き過ぎる・・。
無料で、プロバイダもヤフーでないので仕方ないのですが・・・。
また、デザインが固定されており、もっと自由に作りたいと思い、
てことで、別の無料ホームページスペース(サーバー)を借りる事にしました。

苦戦③私がホームページの作り方を習得する過程2 FC2でのホームページ作成

FC2は広告が無いので、そこでヤフーで作ったものと同じ内容のホームページを作りました。
同じ内容のホームページがペナルティを食らうなんて知りませんでした。
また、サーバー上のファイルを削除しても検索結果には出てくるということ等も知りませんでした。
初心者はあらゆることが学習ですね。
その頃、ちょうどホームページを編集するソフトが欲しいとも思っていました。
無料のHP作成ソフトもダウンロードしてみましたが、使い方の訳がわからず、 諦めました。

苦戦④ホームページビルダーの購入

ホームページビルダーと言うソフトがあるのは 知っていたのですが、
それについて調べているうちに1か月無料で使用できるのを知り、マジか?と思い、
当時のIBM(現在はジャストシステム)のサイトへ行き、ダウンロードして使ってみました。
もちろん、最初は何をどうしていいかわからなかったのですが、すぐに使い方を覚えました。
そして無料期間の一か月過ぎたら、購入しました。画像を用いてたエクセルで作成した
ピアノで指をトレーニングする表も ホームページビルダーで取り込めば、
テキストにできました。 ただし、htmlソースが半端なく長かったです。
なんとか簡略化したいと思っていましたが、しばらくその壁を越えられませんでしたが、
あるとき、同じような表でできたページが偶然お気に入りに入っていたのでそのソースを読み、
わからないhtmlタグをネットで調べて解読していきました。
横につながっているマスはcolspanか、とか縦につながっていたらrowspanなのかとか、
1マスに設定するcssなどです。それを自分の表示取り入れて、今の形ができました。
画像→激長ソース→cssで簡略化という道をたどり、学習しました。

苦戦⑤そして、このホームページの作り方の公開に至りました。

ホームページをもうひとつ作り、HP作成能力が幾分つき、レベルアップしたと実感し、
このページを作成しました。 ちなみにこのホームページは、ホームページ編集ソフトの
ホームページビルダーと外付けのキーボードは多少の出費を必要としますが、
実際に私が使っているものを紹介しています。 と言っても、ホームページビルダーも
一か月無料で使えますが。(笑)
ちなみに、FTPソフトがいつごろ使えるようになったか、覚えていません・・・・・。
このホームページ作り方サイトがあなたの役に立てば幸いです。