グーグルに登録すると検索エンジンに表示されます

グーグルにホームページを登録すると、検索エンジンにヒットします。

グーグルにホームページを登録しないと、検索しても、ヒットしません。
どこで登録するのかと言うと、グーグルのサーチコンソールというところです。
とりあえず、サーチコンソールに行って、案内に従って、登録しましょう。
私は発行されるメタタグを自分のページファイルに挿入→アップロード→確認される
の手順で行っています。


サーチコンソールに登録したら、作成したサイトマップを送信。

サイトマップの送信をうっかり忘れてはいけません。
ページを追加した場合も、サイトマップを作成しなおし、グーグルにサイトマップを
送信しましょう。
サイトマップを送信すると、おおむね24時間以内にサイトマップがグーグルに登録され、
その後数日かけてサイトマップに示したアドレス(あなたの作成したページ)が
徐々にグーグルに登録されます。

サイトマップとは、グーグルがホームページ内の巡回効率を上げるのに使われます。

巡回のことを『クロール』と言います。
『グーグルがクロールに来た』等とよく表現します。
(アクセス解析で確認すると『googlebot』(グーグルボット)というドメイン名で
グーグルのロボットが自分のサイトを巡回に訪れたことを確認できます。)
ホームページのアドレスを入力すれば作成してくれる
FC2のツールを利用するのがよいでしょう。
http://seo.fc2.com/sitemap/


サイトマップが作成されたら、作成されたメモ帳は『sitemap.xml』の名前で保存。

サイトマップアイコン←これが作成されたサイトマップのアイコンです。
メモ帳は保存する名前によってファイル形式が七変化します。
それに伴って表示されるアイコンも様々です。
名前を付けて保存する際、名前を『○○.html』とすれば
web形式(ホームページ用)のファイルになり、
『○○.css』と保存すればcss(スタイルシート)のファイル形式になり、
『○○.js』とすれば、javascriptのファイル形式になります。
ちなみに、○○のあとのドット以降の部分『.~』を拡張子(かくちょうし)と言います。

『sitemap.xml』ができたら、グーグルにサイトマップを送信します。

sitemap.xmlが他のファイルと違うのは、サーバーにアップロードするだけではないところです。
グーグルのウェブマスターツールからサイトマップを送信する項目があるので、
そこから送信しなければなりません。
手順は簡単ですので、忘れずに行いましょう。
これで、グーグルのロボットもあなたのホームページ内を効率よく巡回できます。




後でページ数を増やしたときにも忘れずにグーグルにサイトマップを送信します。

新しいページを作成して追加した際にも、サイトマップをグーグルに送信しましょう。
ページを作っただけでは検索エンジンにヒットしにくいです。
グーグルのロボットがサイトマップのリンクをたどれるようにサポートしてあげましょう。


サーチコンソールでできる代表的なこと。

ホームページ内で、いくつのページがグーグルに登録されているかわかる。
『登録されている』という表現を、『インデックスされている』、とよく言います。
その他、どのような言葉で自分のサイトが検索されるかがわかります。

ホームページがグーグルで検索されるかどうか(登録されているかどうか)確認する方法

検索ボックスに『site:URL』を入力すると、グーグルに登録されているページが確認できます。
例えば、このサイトですと、『site:http://rwd-rabo.com/』を検索ボックスに
入力すると、グーグルに登録されている場合、最後のスラッシュ以下のページが
検索結果として出てきます。